漁業経営調査報告 平成21年 - 農林水産省

漁業経営調査報告 農林水産省

Add: yqyqesix11 - Date: 2020-12-12 03:57:19 - Views: 7892 - Clicks: 4831

( 2 )日本の漁業・漁村の歴史を振り返って ( 3 )我が国の漁業管理のルーツ 第3節 漁業・漁村に求められるもの(pdf:1,468kb) 第4節 漁業・漁村の6次産業化に向けて(pdf:1,113kb) むすび(pdf:487kb) 第2章 平成20年度以降の我が国水産の動向(pdf:171kb). 我が国の私有林における森林施業は、主に林家、森林組合及び民間事業体によって行われている。このうち、森林組合と民間事業体(「林業事業体」)は、主に森林所有者等からの受託若しくは立木買いによって、造林や伐採等の作業を担っている。 「年農林業センサス」によると、林業経営体が期間を定めて一連の作業・管理を一括して任されている山林の面積は98万haであり、その約9割を森林組合又は民間事業体が担っている(*7)。 また、林業作業の受託のうち植林、下刈り等及び間伐については、森林組合が全国の受託面積の56%を占めており、保育等の森林整備の中心的な担い手となっている。主伐については、民間事業体が55%を占めており、素材生産の中心的な担い手となっている(資料 III -9)。. 平成17年 統計年鑑 水産業 水 産 業平成13~平成17年 専業・規模別個人経営体数 昭和58・63年、平成5・10・15年 主とする海面漁業種類別経営体数 農林水産省「漁業センサス」 漁 業 が 主 漁 業 が 従 年 11月1日〃. 漁業経営調査報告(平成21年(度)) - 農林水産省 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

平成27年 漁業経営調査報告 農林水産省大臣官房統計部 年農林業センサス 第5・6巻 農林業経営体調査報告書-抽出集計編・構造動態編- 農林水産省大臣官房統計部 平成27年 木材需給報告書 農林水産省大臣官房統計部. 農林水産省大臣官房統計情報部 シリーズ名: 農林水産統計報告 ; 4-47,5-6,6-7,7-12,8-16,9-31,10-12,11-10,12-18,13-21 . 水産物の価格は、資源の変動や気象状況等による各魚種の漁模様や、海外の漁業生産状況、国内外の需要の動向等、様々な要因の影響を複合的に受けて変動します。 特に、マイワシ、サバ類、サンマ等の多獲性魚種の価格は、漁獲量の変化に伴って大きく変化します。平成29()年の主要産地における平均価格をみてみると、近年資源量の増加により漁獲量が増加したマイワシの価格が低水準となる一方で、資源量の減少により漁獲量が減少したサンマやスルメイカは高値となっています(図2-2-3)。. 1~1ha未満の世帯の数は145万戸であったことから、現在も保有山林面積が1ha未満の世帯の数は相当数に上るものと考えられる(*5)。 また、林業経営体の数は、前回比で38%減の約8. 目次 : 1 調査結果の概要/ 2 統計表(個人経営体調査(. 過去1年間 平成19年11月1日~平成20年10月31日の期間 漁業経営体 経営組織 個人経営体 ・ 個人で漁業を自営する経営体をいう。 団体経営体 ・ 個人経営体以外の漁業経営体をいい、会社、漁業協同組合、漁業生 産組合、共同経営、その他に区分している。. (平成13年. 農林水産省大臣官房統計部 編 A4判・3,150円(本体価格3,000円)・23年4月刊 isbn.

農林水産関連企業設備投資動向調査(12) 工場実態調査報告書・結果表(13) 食品産業(関係資料)(17). 漁業経営調査報告 農林水産省大臣官房統計情報部編集 農林統計協会,. 林家による施業は、保育作業が中心であり、主伐を行う者は少なくなっている。 「年農林業センサス」によると、家族経営体のうち、過去5年間に保有山林において植林、下刈り、間伐、主伐等の何らかの林業作業を行った者は、全体の84%であった。作業別の実施割合をみると、下刈りを実施した者、間伐を実施した者はそれぞれ5割前後である一方、主伐を実施した者は8%、植林を実施した者は14%であった(資料 III -14)。これは、保育の必要な人工林が多く存在する一方で、木材販売収入に対して育林経費が高いことなどにより、主伐・再造林が進んでいないことによるものと考えられる。.

平成28()年の沿岸漁船漁業を営む個人経営体の平均漁労所得は、前年から26万円減少し、235万円となりました(表2-2-1)。これは、漁労支出の減少幅を上回って漁労収入が減少したためです。漁労支出の内訳では、雇用労賃、漁船・漁具費、油費等が減少しました。これは、漁を控え、漁労作業が減少したことや燃油価格が低い水準で推移していることなどによるものと考えられます。また、近年、所得率(漁労収入に占める漁労所得の割合)は一貫して減少傾向にありましたが、平成27()年から上昇しています。 なお、水産加工や民宿の経営といった漁労外事業所得は前年から3万円減少して18万円となり、漁労所得にこれを加えた事業所得は、253万円となりました。 沿岸漁船漁業を営む個人経営体には、数億円規模の売上げがあるものから、ほとんど販売を行わず自給的に漁業に従事するものまで、様々な規模の経営体が含まれます。平成25()年における沿岸漁船漁業を営む個人経営体の販売金額をみてみると、300万円未満の経営体が全体の7割近くを占めており、また、平成20()年と比べるとこうした零細な経営体の. 農林水産省大臣官房統計情報部 ISBN:平成2年度平成4年度平成6年度平成8年度平成9年度平成10年度. 7m3/人・日となっている(*9)。しかしながら、欧米諸国と比べると低水準である(*10)。 素材生産量規模別にみると、規模が大きい林業経営体ほど労働生産性が高くなっている(資料 III -12)。この要因としては、規模が大きい林業経営体では機械化が進んでいることなどが考えられる。 更なる生産性の向上のため、施業の集約化や効率的な作業システムの普及に取り組んでいく必要がある(*11)。. 農林水産省「漁業. 5- 公文書版 平成13年(度) 平成14年(度) 平成15年(度. 農林水産省大臣官房長を会長とする農林水産祭実行委員会は、5月21日(火)に農林水産省内会議室において開催され、令和元年度における農林水産祭式典、実りのフェスティバル、優秀農林水産業者に係るシンポジウムなどを内容とする農林水産祭全体計画が.

表 2-1 個人経営体調査 海面養殖業 養殖種類別主産地別 使用漁船及び漁業操業状況 統計表id:政府統計名: 漁業経営調査 作成機関名: 農林水産省 調査年月:データ件数: 925 件. 平成22年国勢調査第1次試験調査 調査票乙 総務大臣 No. 4 調査事項(海面漁業調査漁業経営体調査) ・漁業種類、使用漁船、養殖施設その他漁業経営体の経営の状況 ・個人漁業経営体の世帯の状態および世帯員の漁業就業日数その他の就業状況. 5- 平成13年(度) 平成14年(度) 平成15年(度) 平成16年. 年漁業センサス海面漁業調査漁業経営体調査のうち、団体経営体に関する統計を取りまとめたもの。 平成21年 漁業就業動向調査報告書 掲載内容は公開時点での情報です。. 図2-2-6 沿岸漁船漁業を営む個人経営体の販売金額と基幹的漁業従事者の年齢及び年齢別の平均販売金額. Pontaポイント使えます! | 漁業経営調査報告 平成22年 | 農林水産省 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!.

漁業管理組織調査 農林水産省 海面漁業地域調査 │ 内 水 面 内水面漁業経営体調査 地域センター等 漁業調査 内水面漁業地域調査 │ 流通加工 魚市場調査 調査員 自計報告調査又は 調 査 冷凍・冷蔵、水産加工場調査 オンライン調査 3 調査漁業地区(漁業. 漁業経営調査報告 (平成13年(度) - 平成26年) 農林水産省大臣官房統計情報部編集, 農林統計協会,. 8-18 都道府県別海面漁業経営体数(エクセル:14kb) 8-19 漁業部門別漁獲高(エクセル:13kb) 8-20 海面漁業主要魚種別漁獲量 (エクセル:14kb) 8-21 海面養殖業の収穫量(エクセル:13kb) 8-22 内水面漁業と養殖業の生産量(エクセル:14kb). 漁業経営体質強化機器設備導入支援事業における省エネ機器設備の基準について、漁業 経営体質強化機器設備導入支援実施要綱(平成23年11月21日付け23水漁第1456号農林水産 事務次官依命通知)第4第1項に基づき、下記のとおり、提出します。. 我が国の林業は、販売収入に対して育林経費が高くなっている。50年生のスギ人工林の主伐を行った場合の木材収入は、平成29()年の山元立木価格に基づいて試算すると、90万円/haとなる(*12)。これに対して、スギ人工林において、50年生(10齢級(*13))までの造林及び保育にかかる経費は、「平成25年度林業経営統計調査報告」によると、114万円/haから245万円/haまでとなっている(*14)。このうち約9割が植栽から10年間に必要となっており、初期段階での育林経費の占める割合が高い(資料 III -13)。 このため、植栽から保育、伐採までの長期にわたる林業経営を行うには、生産性の更なる向上とともに、育林経費の低コスト化、木材の販売収入の拡大等が重要な課題となっている。. 『数字でみる日本の農林水産業50年』 (農林水産省編 農林統計協会 1997 【dt421-g63】) 1947年から1995年までの長期統計です。 『都道府県農業基礎統計』 (農林統計協会 1983 【DT421-G156】)( 目次 ) 1883年から1980年までの長期統計です。.

国は、平成25()年度より、各漁村地域の漁業所得を5年間で10%以上向上させることを目標に、地域の漁業の課題を漁業者自らが地方公共団体等とともに考え、解決の方策を取りまとめて実施する「浜の活力再生プラン」を推進しています。多様な漁法により多様な魚介類を対象とした漁業が営まれている我が国では、漁業の振興のための課題は地域や経営体によって様々です。このため、各地域や経営体が抱える課題に適切に対応していくためには、トップダウンによる画一的な方策ではなく、地域ごとの実情に即した具体的な解決策を地域の漁業者自らが考えて合意形成を図っていくことが必要です。 国の承認を受けた「浜の活力再生プラン」に盛り込まれた浜の取組は関連施策の実施の際に優先的に採択されるなど、目標の達成に向けた支援が集中して行われる仕組みとなっています。平成30()年3月末までに、全国で659地区の「浜の活力再生プラン」が国の承認を受けて実施段階に入っており、その内容は、地域ブランドの確立や消費者ニーズに沿った加工品の開発等により付加価値の向上を図るもの、輸出体制の強化を図るもの、観光連携を強化するものなど、各地域の強みや課題により多様です(図2-2-12)。. 1万経営体となっている。 また、平成25()年度の1林業経営体当たりの年間林業粗収益は248万円で、林業粗収益から林業経営費を差し引いた林業所得は11万円であった(資料 III -15)。「年農林業センサス」によると、山林を保有する家族経営体約18万戸のうち、林業が世帯で最も多い収入となっている家族経営体数は1. 図2-2-5 沿岸漁船漁業を営む個人経営体の販売金額.

シリーズ名: 農林水産統計報告 ; 4-47,5-6,6-7,7-12,8-16,9-31,10-12,11-10,12-18,13-21 書誌id: bnisbn:平成2年度平成4年度平成6年度平成8年度平成9年度平成10年度. 農林水産省年報 平成21年度 : 著者: 農林水産省大臣官房情報評価課 編: 出版: 農林水産省: 出版年次: 年3月: 版号 : 総ページ数: サイズ: 縦 30: 資料種別: 省内刊行物: 和洋: 和書 言語: 日本語: カテゴリ: 農林水産省年報. この報告書は、農林水産省所管の基幹統計調査として、平成30年11月 1日を調査期日として実施した年漁業センサスの調査結果のうち、 海面漁業調査に係る漁業経営体調査の主要な調査項目について大阪府の 結果概要をまとめたものです。. 平成25年4月5日 :平成23年(pdf:67kb) 平成22年(pdf:67kb) 平成21年(pdf:66kb) 平成25年2月21日 :平成23年(pdf:64kb) 平成24年11月7日 :平成22年(pdf:11kb) 平成21年(pdf:11kb). 農林水産省では、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにするため、5年ごとに「農林業センサス」調査を行っている。 平成28()年に公表された「年農林業センサス」では、林業構造の基礎数値として、「林家」と「林業経営体」の2つを把握している。このうち「林家」とは、保有山林面積(*2)が1ha以上の世帯であり、「林業経営体」とは、①保有山林面積が3ha以上かつ過去5年間に林業作業を行うか森林経営計画又は森林施業計画(*3)を作成している、②委託を受けて育林を行っている、③委託や立木の購入により過去1年間に200m3以上の素材生産を行っている、のいずれかに該当する者である(*4)。 同調査によると、林家の数は、5年前の前回調査(「年世界農林業センサス」)比で9%減の約83万戸、保有山林面積の合計は前回比で1%減の約517万haとなっている。保有山林面積規模別にみると、保有山林面積が10ha未満の林家が88%を占めており、小規模・零細な所有構造となっている。一方で、保有山林面積が10ha以上の林家は、全林家数の12%にすぎないものの、林家による保有山林面積の61%に当たる316万haを保有している(資料 III -7)。なお「1990年世界農林業センサス」によると、保有山林面積が0. 平成13年(度. 図2-2-11 配合飼料及び輸入魚粉価格の推移. 「年農林業センサス」によると、調査期間(*8)の1年間に素材生産を行った林業経営体は、全体の約12%に当たる10,490経営体(前回比19%減)となっている。林業経営体数が減少した一方で、素材生産量の合計は増加し、1,989万m3(前回比27%増)となっている。組織形態別にみると、民間事業体と森林組合による素材生産量の合計は増加し、1,367万m3(前回比41%増)となっており、素材生産量全体に占める割合は、前回の62%から69%に上昇している(資料 III -10)。 素材生産を行った林業経営体のうち、受託若しくは立木買いにより素材生産を行った林業経営体は、3,712経営体(前回比9%増)で、素材生産量の合計は1,555万m3(前回比42%増)となっている。受託若しくは立木買いによる素材生産量の割合は、前回の70%から78%に上昇している。.

漁業経営調査報告 平成15年(度) - 農林水産省のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 13 平成22年国勢調査第1次試験調査 平成22年国勢調査第1次試験調査 世帯アンケート甲 総務大臣 No. See full list on jfa. 森林組合は、「森林組合法(*19)」に基づく森林所有者の協同組織で、組合員である森林所有者に対する経営指導、森林施業の受託、林産物の生産、販売、加工等を行っている(資料 III -16)。 森林組合の数は、最も多かった昭和29(1954)年度には5,289あったが、経営基盤を強化する観点から合併が進められ、平成27()年度末には629となっている。また、全国の組合員数は、平成27()年度末現在で約153万人(法人含む。)となっており、組合員が所有する私有林面積は約932万ha(*20)で、私有林面積全体の約3分の2を占めている(*21)。 森林組合が実施する事業のうち、新植や保育の事業量は、長期的には減少傾向で推移している。これに対して、素材生産の事業量は、平成14()年度を底に増加傾向にあり、平成27()年度の素材生産量は前年比10%増の543万m3となった。素材生産量の内訳については、間伐によるものが314万m3で約6割を占め、主伐によるものは229万m3で約4割となっている(資料 III -17)。 新植及び保育の依頼者別面積割合は、約6割が組合員を含む個人等であり、公社等と地方公共団体が4割弱を占めている。また、素材生産量のうち、84%が組合員を含む私有林からの出材となっている(資料 III -18)。 現在、森林組合系統では、施業の集約化等に取り組むことで持続的かつ効率的な事業展開を図るとともに、国産材の安定供給体制の構築に向け、系統のスケールメリットを活かした事業量の拡大や県域を越えた安定供給に取り組んでいる(*22)。 平成28()年5月の「森林組合法」の改正では、適切な管理がなされていない森林等について、森林組合系統が森林所有者に代わって森林経営を行いやすくし、森林組合等による施業の集約化等を促進する観点から、森林組合が自ら森林を保有・経営する「森林経営事業」の要件を見直した。これにより、平成29()年度から、森林組合は森林の保続培養等の目的に加え、林業を行う組合員の利益増進を目的とする森林経営事業を実施できるようになるとともに、森林組合連合会による森林経営事業が可能となっている。.

1978年7月5日 - 農林省が農林水産省に改称される。 年1月6日 - 中央省庁再編により、農林水産省設置法(昭和24年法律第153号)に基づく農林水産省が廃止され、農林水産省設置法(平成11年7月16日法律第98号)に基づく農林水産省となる。これまでの1官房5局. 5 調査の期日 平成30年11月1日現在. 漁業経営調査報告 平成21年 - 農林水産省 平成18年4月 (独)水産総合研究センター理事 理事 高島 泉 自 平成20年 4月 1日 至 平成21年 7月13日 総務・財務 担当 昭和54年4月 農林水産省採用 平成17年1月 中国四国農政局次長 平成19年7月 (独)水産総合研究センター理事 理事 秋本佳則 自 平成21年 7月14日.

See full list on rinya. 海面養殖業を営む個人経営体の平均漁労所得は変動が大きく、平成28()年は、前年から182万円増加して1,004万円となりました(表2-2-4)。これは、漁労収入が274万円増加した一方、漁労支出の増加が92万円に留まったことによります。 漁労支出の構造は、魚類等を対象とする給餌養殖と、貝類・藻類等を対象とする無給餌養殖で大きく異なっています(図2-2-10)。給餌養殖においては、餌代が漁業支出の6~7割程度を占めますが、無給餌養殖では雇用労賃や漁船・漁具・修繕費が主な支出項目となっています。. 大規模に森林を所有する林家では、相続を契機として、所有する森林の細分化、経営規模の縮小、後継者による林業経営自体の放棄等の例がみられる。林家を対象として、林業経営を次世代にわたって継続するために求める支援や対策について聞いたところ、保有山林面積規模が500ha以上の林家では、「相続税、贈与税の税負担の軽減」と回答した林家が53%で最も多かった(*17)。 このような中で、山林に係る相続税については、これまで、評価方法の適正化、評価額の軽減、「山林に係る相続税の納税猶予制度(*18)」等の措置が講じられてきた。 平成29()年度の税制改正では、相続時の財産評価の適正化のため、実態を踏まえて、相続税に係る立木評価額が見直され、スギ及びヒノキについて、①幼齢立木の標準価額の引下げ、②切替樹齢(市場価値が生じる林齢)の修正と切替樹齢の立木の標準価額の引下げ、③標準伐期年数の後倒し、④標準伐期以降の利率の引下げを行い、評価額が全体的に引き下げられるとともに、マツについて原則として標準価額を定めず個別に評価することとされ、相続税の負担が軽減されることとなった。また、山林に係る相続税の納税猶予制度については、一つの小流域内に存する5ha未満の山林のうち、一定の要件を満たす山林を納税猶予の対象に加えるなどの拡充が行われた。. 13 平成22年国勢調査第1次試験調査.

受託若しくは立木買いにより素材生産を行った林業経営体について素材生産量規模別にみてみると、素材生産規模が大きい林業経営体の割合は増加している。1林業経営体当たりの素材生産量についても大幅に増加し、4,188m3(前回比30%増)となっており、林業経営体の規模拡大が進んでいる傾向にある。 一方で、年間素材生産量が1,000m3未満の林業経営体は、前回調査から減少しているものの全体の46%を占めており、素材生産規模の小さい林業経営体が多い状況にある(資料 III -11)。. 漁業経営調査 漁業経営調査 確報 平成27年漁業経営調査報告. 平成17年以前の結果は、調査体系の見直しを行ったため平成18年以降とは接続しません。 漁業経済調査報告(企業体の部) 平成12年〔Excel:e-Stat〕 調査結果の概要〔PDF:e-Stat〕. 漁業・養殖業生産統計年報 資料種別: 図書 責任表示: 農林水産省大臣官房統計情報部編集. 農業産出額; 茨城県産の食品に関する意識調査; 強い農業・担い手づくり総合支援交付金(産地基幹施設等支援タイプ)について; 令和2年度農業者等支援施策活用ガイドブック; 平成30年品目別産出額について; 令和2年6月より、卸売市場の制度. 県:平成27年2月18日「年漁業センサス(海面漁業経営体調査)結果報告書」を掲載しました。 県:平成26年8月29日、「年漁業センサス(速報)」を公表しました。 国:平成26年12月25日、「年漁業センサス結果の概要(確定値)」を公表しました。. 平成22年8月プレスリリース(平成21年法人経営、個人経営)(281kb) 農業景況調査 長期・低利の「スーパーL資金」の融資を行っている認定農業者の方々に対して、毎年近況を調査し、その結果を動向指数(DI)として公表しています。 漁業経営調査報告 フォーマット: 図書 責任表示: 農林水産省大臣官房統計情報部編集.

漁業経営調査報告 平成21年 - 農林水産省

email: icipaxu@gmail.com - phone:(344) 992-1389 x 2297

大丈夫! - ツルネン マルテイ - 闇の皇太子 劫火の審判者

-> 実録満鉄調査部(下) - 草柳大蔵
-> マイホームの税金 平成10年度版 - 藤田良一

漁業経営調査報告 平成21年 - 農林水産省 - 加藤紘之


Sitemap 1

リトル・レトロ・トラム - 天沼春樹 - 少年保護事件の手引 菊地和典